【参加募集中】「選手が主体」のコーチング『TORCH Live Meeting Vol.4』開催いたします

2022年1月24日(月)、第4回目の「TORCH Live Meeting」を開催いたします。今回のテーマは、「Z世代のスポーツ指導を考える。『選手が主体』のコーチング」。「プレーヤーズセンタードコーチング」提唱者の日本体育大学伊藤雅充教授、実践者としてバイタルストレングス代表取締役村上貴弘さん(ラグビー日本代表や早稲田大学ラグビー蹴球部のS&Cコーチなどを歴任)、学生コーチを軸に「選手たち自身が練習をつくる」ことをモットーにチームを率いる東北学院高校硬式野球部監督渡辺徹さん、TORCHではおなじみの関西学院大学大学院経営戦略研究科 教授の富田欣和さん、計4名をお迎えしてお贈りいたします。

今の時代に合ったスポーツ指導とは?

教員の働き方改革と部活動の外部化、学習指導要領の変化、といった教育界における動きに加え、少子化、テクノロジーの進化、サステナブル社会の実現、終わりの見えない新型コロナ感染症との戦い……、など不安定で変化が激しい社会情勢が続いています。そんな環境下で生きる子どもたちや選手の意識、保護者の意識、もまた変化しており、そんな時代にこそ求められるスポーツの役割があるのではないでしょうか。

今回はひとつのご提案として、「『選手が主体』のコーチング」をテーマにセミナーを開催することにしました。選手が主体性を持って目標を立て、練習を考え実戦に挑み、勝ったり負けたり、苦しんだり楽しんだりしながら競技力向上を目指す過程には、さまざまなスキルを育む機会がありそうです。

そして、今現役の選手たちはいわゆる「Z世代」。マーケティング文脈では、デジタルネイティブで多様性を重視する本物志向の世代、と言われることがあるようです。そんな子どもたち、選手たちが存分に可能性を開花できるようなスポーツ環境にするために、指導者の皆さんができることはたくさんありそうです。今回のセミナーを通じ、部活のあり方を考えたり、指導をアップデートするきっかけとしていただければ幸いです。

「選手が主体」のコーチングプログラム

■開催日時: 2022年1月24日(月)19:00〜21:30
■申し込み締め切り:1月23日(日)24:00
■開催場所: Zoomウェビナーによるオンライン開催
■参加費:無料
■こんな人におすすめ:指導者、部活動顧問、スポーツ選手、保護者、その他ジュニア・ユーススポーツに関心をお持ちの方ならどなたでもどうぞ。
■主催:株式会社ユーフォリア( https://eu-phoria.jp )
■参加申し込み方法:以下のフォームからお申し込みください。
■視聴URL:お申し込みいただいたメールアドレスに1月24日当日午前中、視聴URLをお送りいたします。

■プログラム詳細(予定):

※各セッションの企画内容が確定しだい、随時更新いたします。
※各セッションのタイムスケジュールや内容は予告なく変更する場合がございます。

⚪︎19:00〜19:03 ご挨拶

⚪︎19:03〜20:00 Session1
テーマ:プレーヤーズセンタードコーチング
日本体育大学 体育学部 教授 伊藤雅充氏
株式会社バイタルストレングス 代表取締役 村上貴弘

⚪︎20:10〜21:10 Session2
テーマ:「学生コーチ」の仕組み・狙い
東北学院高校 硬式野球部 監督 渡辺 徹
関西学院大学専門職大学院経営戦略研究科 教授 富田欣和

⚪︎21:10〜21:30 質疑応答・クロージング

参加お申し込みはこちら